日々の出来事を書く 目をしっかり開けて 突き進むよ \('∀'*)/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ナレッジ2
2010-02-09 Tue 19:24
続き

ありがとうウンコ



それと同時に
 
 
私はまだ行ける
 
 
ネバーギブアップ
 
 
 
無論ウンコを甘くみている訳ではない
 
奴の恐ろしさは痛いほど知っている
 
 
 
ただ私は
 
 
 
深く考えてる訳じゃない
 
 
 
 
その先になにがあるのか見たかっただけなんだ…


あと少しで
 
辿り着く
 
まだ見ぬ
 
限界
 
その先の
 
限界
 
 
しかし山はまたやってきた
 
 
腹がおかしい
 
 
キューッと私を締め上げる
 
 
思わず悲鳴をあげたくなるほどだ…
 
 
 
気がつくと私は汗を大量にかきながら小刻みに震えていた
 
 
もうこの時おかしくなっていたのかもしれない
 
 
ウンコ…
 
 
そもそも奴は何者なんだ?
 
 
ある人は拭き
 
ある人は流し
 
ある人は漏らす
 
 
 
 
ウンコを笑うものはウンコに泣くのだ
 
 
 
 
迫りくる大便
 
全ての欲望を蹴散らすほどの此の存在感
 
圧倒的な力で体の内側から込み上げてくる
 
この者こそ紛れもなき ウ ン コ である

私はハッキリ言ってほとんど意識がなかったはずだ
しかし気がつくとスーパーのトイレの個室でウンコをしていた
 
 
ウンコをみたらウンコは笑っているようだった
 
 
私はもう全てのものを受け入れられる程の爽快感に浸っていた
 
 
 
『燃えたよ…真っ白に…燃え尽きた…真っ白な灰に…
 
 
 
 
 
 
 
ウンコからまた一つ学んだ
 

モバゲーの私のカス小説よりww
別窓 | りあ~ | コメント:0 | トラックバック:0
ナレッジ
2010-02-08 Mon 09:27
時は2008年
 
私は電車に揺られていた…
そう…いつもと変わらない
 
私はいつものようにバイトに行くのだ

しかし
 
 
なにかが違う…
 
 
なんだ?
 
 
風景?
 

 
いや…
 
 
そんな安っぽいものじゃない
 
 
 
 
私は五感を研ぎ澄ましてみた…
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
なるほど…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この違和感は
 
 
 
 
私自身であるのだ
 
 
 
 
 
私は
 
 
 
 
 
 
ウンコがしたいのである
普通の人ならトイレに行けば良いと思うでしょう。
 
 
 
ここで私はそうは思いませんでした。
 
 
私はそんな小物じゃない
 
 
 
小物で終わりたくない! 
 
 
 
 
 
今電車を降りたら遅刻するでしょう
 
 
 
しかしいくら気をはっても現実は違う
 
 
 
腹からはおかしな音が鳴り響く
 
 
グゴゴゴゴ…

この腹痛…
 
今までの気持ちが一気に揺らぐ程のこの絶望感
 
私はすでに
 
 
 
(うん…次で降りよう…わたしは小物だ)
 
 
ここまで堕ちていた
 
 
かなり腹が痛い…
 
 
その時
 
 
 
 
 
うっ!
 
 
 
あ!!!!
 
 
 
 
私は思わず
 
 
 
尾てい骨の辺りから黄色い空気を放出してしまった…
 
 
これは無意識に行ってしまった
 
 
そうこれは
 
 
 
ウンコ『屁しないと漏らすよww』
 
 
 
ウンコからのメッセージである
 
 
 
ウンコがコミュニケーションをはかってきた訳だ。
 
 
 
 
しかしこの放出によって私は少し楽になれた
 
 
 
 
私は心の中で思った
 
 
 
 
 
ありがとうウンコ

続く
別窓 | りあ~ | コメント:0 | トラックバック:0
フルーツジュース
2010-02-05 Fri 21:50
駅によくフルーツジュース屋があるよね。

なんでか必死な顔して飲んでる人が沢山いて吹けるんだがww


別窓 | りあ~ | コメント:4 | トラックバック:0
映画
2010-02-04 Thu 23:59
こんばんわ!

最近ね映画観てるんだよ。

GEOとかTSUTAYAに行ってます。

今よく観るのは
パラレルワールドと言うかそういった内容に魅力を感じてて

ハマリ初めがまずバタフライエフェクトで

何回過去に戻っても彼女と上手くいかない男の話なんだけど

怖い部分もあるしサスペンス要素もあり

はまったなあ

あとはデジャブ

オーロラの彼方へ
は借りてきて何回も観たわ

古い無線を倉庫から出したら
30年前の父親と無線で繋がり話をして

消防士の父親が死ぬはずが歴史が変わり

連続殺人事件が関わってくる


マイナーな映画なんだろうけど楽しいよ。



さてと
明日はミーティングだあ。
キャア!

頑張ります!
別窓 | りあ~ | コメント:2 | トラックバック:0
ミノル君
2010-02-04 Thu 23:41
ミノル君

小学校の同級生であり

彼はニャーンとか言う言葉を話す変人である。

彼は上級生の女の子達から可愛がられていた。


ちなみに顔はジャガイモである。


ある日
学校ではコマが流行っていた。


紐で回ってるコマを浮かせて手のひらに乗せたり
綱渡りをやったり

そのコマです☆


ミノル君はピチピチのデニム半ズボンのけつポケットにコマを入れていた。


そのスペックのまま
彼は昼休みにサッカーをしに行ったのである。


そして夢中になって遊んでいた所、悲劇は起きた…

(-o-;)

彼は必死の形相でスライディングをしたのである…



そして


ケツにコマが刺さったのである。









言い換えると









コマがケツに刺さったのである…









彼はその後


下半身裸で病院に行くのであった。










それから




中学の時




CDショップにてミノル君と再会した



彼はCDを買う所であった。



CDには『餓狼伝説』と書いてあった…



顔をみるとジャガイモであった…



男爵である。








モバゲーの自分の小説より抜粋(笑)

別窓 | りあ~ | コメント:0 | トラックバック:0
BACK | zizi(^ω^) | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。